さざなみのキヲク~宮澤章二先生の詩~

宮澤章二先生の詩をご紹介します

羽生市立郷土資料館 収蔵資料展 宮澤章二コーナー!


羽生市立郷土資料館で、収蔵資料展が行われています。



会館30周年記念 企画展Ⅱ


収蔵資料展




会期 29年2月25日(土)~5月7日(日)


開館時間 午前9時~17時


休館日 毎週火曜日、3月31日(金)、4月27日(木)



館内の様子を、宮沢新樹様に送っていただきました。


わー、「行為の意味」の直筆原稿ですね!
欲しい。間違いなく永遠の家宝。







わー。
先生の直筆色紙。
先生の色紙の文言は名句です。


新樹さま、ありがとうございます。




羽生、行ったことありますよ。
田んぼがずっと続いていて、どこまで行っても平野なんです。
私の家の周りとは大違い!


子どもを育てるところは、都会じゃないほうがいい。
それは、都会と地方両方に住んでいたことがあるからこそ言える。
家族、地域を大事にし、
ふるさとの偉人を称賛し、敬い、勉強し、
自然のなかで生活することは
昔から多くの日本人がやってきたこと・・・
地方にお嫁に行けばよかった!!


親の意向通りにやってきたけど
全然いいことなかったしね。
なんなんだ?そんな人生って。
そう思うときに、宮澤章二先生の詩は
胸に迫ります、そして、
そうじゃない人にも、
人生の指針を教えてくれます。








にほんブログ村



「神殿」 宮澤章二詩集【空存】より


「神殿」



なぜ 巨大な神殿を造ったのか


―――― 神が見えないからだ



神の見えない人間にとって


神を呼びだす声は 祈りは



ことさら大きくなければならない



なぜ 神殿に神を祭ったのか


―――― 神がどこにもいないからだ



いないものを 呼び


いないものに ひざまずく・・・・・・・


<無>の中にこそ人間の救いがあったのだ



昭和41~43年 作品より




・・・・章二先生が50歳を目前に作られた詩の集大成
「空存」の中の一編です。


丁度同年代の自分。妙に納得できるんですよね。
「闇」を感じます。
そして「無」の感覚・・・
ニュアンスまでが自分なりに想像できます。
そんな年代だと思うんです、虚無感や、絶望感・・・・


だからこそ、
少し健気な時じゃないと読み進めることができません。


先生の詩は、ずしっとくるんです。
そのずしっとした重みが、心にしみ込んで、
先生への尊敬の念になるのです。






にほんブログ村


小説行為の意味 を読んで

宮澤章二先生のご長男宮澤鏡一氏のお書きになった、「小説行為の意味」を読ませて頂きました。


章二先生のお写真も沢山頂いておりますので

先生の微笑まれた表情が目に浮かびました、

先生にひと目お会いしたかったなぁとまた思いました。


行為の意味の詩には、モデルが存在していたのです。

埼玉県内の二人の中学生がモデルです。

彼女達はなんて幸運な人達でしょう。


その内容は書いてよいのか迷うので書きませんが

彼らにとって真に光栄なことですね。


本当に先生の詩には事実に裏打ちされた真実が簡潔且つ的確に刻みこまれています。


自分のまわりにあった、昭和の良き風景を思い出しています。