さざなみのキヲク~宮澤章二先生の詩~

宮澤章二先生の詩をご紹介します

「神殿」 宮澤章二詩集【空存】より


「神殿」



なぜ 巨大な神殿を造ったのか


―――― 神が見えないからだ



神の見えない人間にとって


神を呼びだす声は 祈りは



ことさら大きくなければならない



なぜ 神殿に神を祭ったのか


―――― 神がどこにもいないからだ



いないものを 呼び


いないものに ひざまずく・・・・・・・


<無>の中にこそ人間の救いがあったのだ



昭和41~43年 作品より




・・・・章二先生が50歳を目前に作られた詩の集大成
「空存」の中の一編です。


丁度同年代の自分。妙に納得できるんですよね。
「闇」を感じます。
そして「無」の感覚・・・
ニュアンスまでが自分なりに想像できます。
そんな年代だと思うんです、虚無感や、絶望感・・・・


だからこそ、
少し健気な時じゃないと読み進めることができません。


先生の詩は、ずしっとくるんです。
そのずしっとした重みが、心にしみ込んで、
先生への尊敬の念になるのです。






にほんブログ村


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。