さざなみのキヲク~宮澤章二先生の詩~

宮澤章二先生の詩をご紹介します

第二回 宮澤章二 作品朗読会 羽生市民プラザ2Fにて

平成29年2月18日(土)


午後1時30分~3時30分


羽生市民プラザ 2階 大会議室
(東武伊勢崎線 羽生駅下車3分)



第一部 市内小中学生による宮澤章二作品朗読 30名


第二部 一般市民による宮澤章二作品朗読 10名


第三部 宮澤章二先生の新たな世界 ラジオ歌謡・・宮澤新樹氏講演


    宮澤章二先生を顕彰する会活動発表


(主催)宮澤章二先生を 顕彰する会
(後援)羽生氏教育委員会



よろしかったら、お出かけくださいませ。


後世に残したい大切な詩を
しっかりと読み継いでいる羽生市の皆様。
東京にはない郷土愛と先人を敬うお心が
伝わってきます・・・。


私も行きたいなア・・・><





宮澤章二先生


(お孫さんの描かれたデッサン)


埼玉県羽生市出身。
 東京府立高等学校、東京大学文学部美学科卒業。
 埼玉県立不動岡高等学校の教諭時代に、疎開で加須市に住んでいた作曲家の
下総皖一と出会ったことから、詩人・作詞家として活動を開始。


主な著作は「蓮華」「空存」「枯野」「風魂歌」等多数。
 校歌や合唱曲、童謡などの作詞を多数手がけた。


特に校歌は埼玉県内を中心に300校以上にのぼる。
クリスマスソング『ジングルベル』の訳詞者としても知られる。


日本童謡賞、赤い鳥文学賞特別賞、埼玉県文化賞、埼玉県文化功労賞知事表彰などを受賞。
 大宮市教育委員長も務めた。
 詩『行為の意味』の一節、「思いは見えないけれど、思いやりは見える」が、
ACジャパンの2010年度キャンペーンCMに使用された。


平成17年3月11日逝去。





にほんブログ村



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。